埋める埋めないタイムカプセルの比較について【株式会社タイムカプセル】

埋めるタイムカプセルと埋めないタイムカプセルの時代背景

タイムカプセルの保管【株式会社タイムカプセル】

タイムカプセルは1939年のニューヨーク万国博覧会で5000年後の人類に対して、戦争で破壊されないように地下に埋設したことが始まりでした。今の文明を伝えるのが目的とされています。

その後、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)でも実施され、日本でもタイムカプセルの文化が定着しています。

そして、1985年の国際科学技術博覧会(つくば‘85)では、地下に埋めずに自分から自分や家族に宛てた手紙を預り、21世紀に郵送されるイベント「ポストカプセル2001」が実施されました。

埋めるタイムカプセルのメリットとデメリット

地下に埋設する場合のメリットとデメリットについて。メリットは埋める、見つける、掘り起こす感動がある。専用の容器が販売されている。デメリットは見つからない場合がある。湿気や浸水など劣悪な環境でのもと、中身の状態が確認できない。管理者がいない、埋設する場所(学校等)の許可がおりない。専用の容器を購入しなければならない。

埋めないタイムカプセルのメリットとデメリット

タイムカプセルの保管状態

地下に埋めない場合のメリットとデメリットについて。メリットは手軽にでき、保管状態がわかる。鉛筆やクレヨンで書け、詰める状態の制限が少ない。埋める掘り起こす作業がない。デメリットは保管費がかかる。将来届くか不安である。

埋めないタイムカプセルをご検討中の方は【株式会社タイムカプセル】

会社名 株式会社タイムカプセル
住所 330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目14番21号
電話番号 048-825-5664
URL
業務内容 自分だけの容器に思い出が詰め放題のサービスを販売しています。
説明 つくる、つめる、つなぐ、感動プロジェクトとして、結婚式や学校の卒業記念イベントで作ったタイムカプセルを、将来の同窓会会場や各自宅にお届けします。国土交通省届け出の最新設備(耐震、耐火、防犯対策)の倉庫で保管します。「戸別配送サービス」「一括配送サービス」「イベントサービス」の3つのサービスがあります。