ご利用規約

タイムカプセル卒業便のご利用規約

第一章 序文

1.「タイムカプセル卒業便」は、株式会社タイムカプセル(以降弊社)が提供する、記念品を容器に詰め一時お預かりサービスです。お客様が本サービスをご利用になられるには、利用規約に同意されることが条件となります。お申し込みの単位は原則10名様以上の団体となります。

第二章 適用の範囲

1.本規約は、お客様が「タイムカプセル卒業便」のいかなるコースをご利用頂いた場合でも適用されるものとし、弊社にお申し込みを頂いた場合は、本規約に同意されたものとします。

第三章 規約の変更・通知

1.弊社は、お客様のご承諾なしに本規約の内容を、弊社Webサイト上に公表することによって随時任意に追加または変更する事ができるものとします。
2.本規約を変更した場合は、弊社が公表を行った時点で効力が発生するものとします。なお、本規約を変更した場合、お客様は本サービスを継続される限り、変更を承諾したものとします。

第四章 配送中のトラブル

1.配送中のトラブルによる、記念品の到着の遅れや破損は保証の対象にはならないものとします。
2.記念品は配送中に変形・破損しないもの、又は変形・破損のないようにお客様にて適切な処理をするものとします。

第五章 保管中のトラブル

1.弊社がお客様の記念品を保管中に、焼失または紛失(盗難によるものも含む)した場合、直ちにお客様にその旨通達し「第九章 保障に関して」の規約に準じて、保証致します。定期点検中に劣化が認められた場合もこれに準じます。記念品は保管中に変形・破損しないもの、又は変形・破損のないようにお客様にて適切な処理をするものとします。

第六章 記念品のお取り扱い

1.弊社では以下の場合に限り、記念品の入った容器を開封し処理を行う場合があります。

・代表様の許可を頂いた場合
・裁判所より開示を求められた場合
・容器から煙や液漏れ等緊急処理が必要と判断された場合
・弊社が禁止物と定めているものが梱包されていると判断された場合

2.弊社では以下の禁止物を定め、お取り扱いできない物とします。

・ 火薬、石油類、液体類、毒物、劇薬、その他危険品
・ 現金、有価証券、宝石、預金通帳、印鑑、クレジットカード、キャシュカード
その他貴重品、美術工芸・収集品等のうち高価なもの、壊れやすいもの、容器1個あたりの収納荷物の合計額が千円をこえるもの
・ 動植物
・ 法令等で所持が禁じられているもの
・ 弊社指定の保管・配送業者でお引受できないもの

3.保管期間は最長10年間とする。10年を越える保管は、別途同意と保管費用が発生します。

第七章 キャンセルに関して

1.キャンセルの単位は申込団体とします。尚、お支払いは、ご予約も含めイベント開催月の月末となります。
2.お支払い前のキャンセルに関してはキャンセル料は発生しないものとします。
3.お支払い後よりキャンセル料は発生し、お客様の記念品の到着前はお支払額の半額とします。
4.お客様のご都合でご契約期間を短縮された場合、保管料の差額はキャンセル料となりご契約時のお支払いは一切返却されません。

第八章 規約違反によるトラブル

1.弊社が指定する禁止物を記念品として容器に同梱された場合、他のお客様の記念品などや、施設に危害が生じた場合、その額を請求出来るものとします。

第九章 保証に関して

1.全損保証

弊社は以下のケースに関してお支払い金額を全額お返しする。但し天災などにより弊社に過失がない場合は保証致しません。
・焼失、紛失、盗難等により、記念品その物が存在しない場合
・記念品の容器が体積の50%を超えて変形している場合

2.無損保証

弊社は以下のケースに関して、記念品の保障は致しません。
・容器内の記念品が変形・破損した場合
・長期保管で記念品が経年劣化した場合
・温度、湿度の変化により記念品が変化した場合
・容器からはみ出している場合

第十章 宛先不明のお荷物の処理に関して

1.お届け日に、弊社より郵送された記念品が「宛先不明」として返却された場合以下の手順で処理されるものとする。但し、記念品を再送する場合、配送料はお客様のご負担とします。

a.代表者様にお電話
b.代表者様のメールアドレスにメール
c.代表者様住所にお手紙
上記いずれの方法でも、お届け先、ご契約者様と連絡が取れない場合、3ヶ月この記念品を保管し何の連絡もなかった場合、弊社はこの記念品を破棄する権利を有するものとします。

第十一章 ご契約内容の更新

1.お引越しや市町村合併等によるご住所の変更や電話番号の変更等、ご契約内容に変更が生じた場合すみやかに弊社にご連絡頂き、ご契約内容の更新をして頂きます。これを怠られた事により、お客様にいかなる不利益を被ったとしても弊社は一切責任を負わないものとします。

第十二章 サービスの停止

1.やむを得ない事情や不足の事態により、弊社がサービスの続行を不可能だと判断した場合弊社は3ヶ月前に弊社サイト内でこの事実を公表し、記念品をお客様へ返却をする事でサービスを停止出来るものとし、保管期間の短縮による差額を返金いたします。
株式会社タイムカプセル
2010年10月1日 制定
2011年4月20日 改定
2011年11月20日 改定
2013年3月20日 改定